日本食養の会、会長 藤城博

f0238216_1251618.jpg


私は30年間にわたり、高血圧をはじめとする生活習慣病や糖尿病・ガンと

食事の関係について研究と活動を行なってきました。

現在では400人規模の食養フォーラムをはじめ

全国各地でセミナーや合宿を年間50回以上開き、

現役の医師までもが私の元へ学びに来ることもあります。


私は高血圧治療の「常識」を全て疑い、どのような食事を行えば

血圧を改善できるのかを考えて30年間研究してきました。


すると、これまで病院で指導されてきたことがどれだけ間違っていて

高血圧治療に役に立っていないかがはっきりわかってきました。

「減塩指導」もその一つです。

塩分を減らすだけで本当に血圧が改善していくのか、
多くの患者の協力を得て実践を重ね、検証していったのです。

もちろん私も、塩分の過剰摂取は体に悪影響を与えると考えています。

しかし「減塩さえすれば良い」という根拠のない療法では、
高血圧が治ることはないとわかってきたのです。


むしろ塩分を減らすことにこだわるより、

高血圧改善のポイントは他にあることがわかってきました。

このように、常識や間違いを一つ一つ排除し、

血圧改善に効果のあるものだけを積み重ね、

30年という年月をかけて完成したのがこの方法なのです。

まさに日本の高血圧患者のために作られた

食事療法だと言えると思います。


このノウハウは今後の世界において、

高血圧の食事療法の基本になるものだと自負しております。

これを読んでくれているあなたの高血圧が、

「何の心配もなく最短で改善してくれること。」

これが今の私の願いです。

あなたが1日でも早く、薬や病院、そしていつ来るかわからない

合併症の恐怖から解放された日々を送れることを心より祈っています。


f0238216_1154667.jpg



[PR]
by psycho_sth | 2010-04-14 12:03 | 著者プロフィール